wiseacredigital のすべての投稿

プチ円

 思わぬことから、大学の女友達とプチ円する関係を作ってしまいました。
彼女がいない20歳の大学生、これはこれで良かったのかもしれないと、ちょっとだけ思ってしまっています。

 事のきっかけとなったのは、同い年の女友達Aが一人暮らしのアパートに遊びに来たときのことでした。
あくまでも友達の1人。
そんなAが、気軽にやってきたのは良かったのですが、彼女のいない身の上としては、女と2人きりの部屋にいると言うのは、何ともむず痒い。
さらに相手ミニスカでやってきているし、狙っているのか?と思ってしまうくらいでした。
ただそんな気配は、微塵も見せないAに、ムラムラが強くなっていく一方。
足を広げて座っているから、パンツもちらちら見えちゃって、そりゃそそられまくりって感じ。
もちろん股間はオッキ。
そんで我慢できなくなっちゃって、思わず迫ってしまいました。
「だめ、そういう関係じゃないんだから」
しかし、嫌よ嫌よも好きのうちなんて言葉もあるし「まあとにかく1回だけどぉ?」と、迫りまくり。
「あんた、大丈夫?脳内まで精液が溜まっちゃったの?(笑)」
足コキされたい方に勧めるオナクラ風俗店よりプチ援という選択肢
相手はあっけらかんとして、拒否ばかり。
オッキしたチンコが分かってしまったようで、突然「プチ円で、フェラしてあげることはできるよ」と、駆け引きを持ち出してきちゃって、さぁ大変。
エッチしたい、でもお金支払ってフェラだけなんて殺生。
でも、お金出せばフェラで気持ちよくはなれる。
様々な思いが心の中を駆け巡る状態でした。
「ほら、5000円ポッキリでスッキリフェラだよ!」
いたずらっぽい笑顔に負けちゃって、5000円の支払いでプチ円することになってしまったのでした。

 Aのフェラは、ぶっちゃけ気持ちが良い。
不満だったから余計に気持ち良くて、3分程度で射精してしまったのでした。
これで5000円は割高だなという気持ちと、スッキリさっぱりした気持ちが入り混じってしまっていました。
「またやって欲しいときは、プチ円でしてあげるからね」
なかなかがめついAではあるのですが、フェラの快楽を知ってしまうと拒否もできず。
その後、支払いをしてフェラだけやってもらう関係を、こんにちまで続けている状態です。
トイレでプチ援
車内フェラ

オナ電

 23歳のOLです。
オナ電は、彼氏から教わりました。
学生時代からお付き合いが始まった彼氏とは、いまでもラブラブです。
ただ、現在ちょっと困った問題が発生中。
それは、しばらく出張から帰ってこれないということでした。
海外出張にいってしまったため、会うことができず、とても寂しい思いをしていました。
心ももちろんですが、体も寂しい。
これは彼氏の方も同じみたいでした。
「美優は、オナ電の経験あるの?」
無料通話アプリで会話中に、突然言い出したんです。
「誰ともしたことないけど」
「しばらく会えないからさエッチできないじゃない。だから通話で楽しんでみない?」
本当に最初びっくりしてしまったんです。
確かに電話エッチなんて、話には聞くのですが、どんなものかは分りませんでした。
「言う通りにオナニーすれば、気持ちよくなるぜ」
彼はかなりムラムラしているのかノリノリ状態。
私も、エッチな気持ちになれるならと、オナ電初チャレンジすることになりました。
エロイプ希望の女性と相互オナニーをしてセフレへ進展させる術を学ぶ

 想像していたよりも、ずっとエロチックでした。
彼氏に「パンツ脱いで足広げて、オマンコ触ってみろ」って命令されちゃって、その通りにやるんです。
まるで彼氏に見られているかのような錯覚さえ起こしました。
「凄い変な気分、めちゃめちゃ濡れてる」
「本当に美優はスケベだなぁ、美優のせいでフル勃起だぞ」
「やだ、エッチ・・指が止まらない」
「激しくクリちゃんを刺激して」
「はぁ・・」
「穴に指2本入れて」
「はぁ・・」
男の人の指示でオナニーするのが、こんなに強烈な快楽を得られるなんて、衝撃的でした。
彼の言葉に耳を傾けつつ、夢中で指で刺激を続けてしまったのでした。

 彼氏が帰ってくるまでは、オナ電でお互いの快楽を楽しみ合うことになっています。
彼氏との通話だからこそ興奮できるんじゃないかって思います。
彼氏から連絡が来るのが、待ち遠しい感じです。
オナニー動画
センズリ鑑賞

相互オナニー

友達の家に遊びに行った時でした。友達の家にはお兄さんがいて、とてもカッコよく素敵なので、お兄さんに会えるのも少し楽しみになっていました。
ある日、友達の両親が旅行行くので家には友達とそのお兄さんしかいないから泊まりに来ると誘われました。もちろん答えは決まっています。「行く。」
数日後、友達の家へ泊まりに行きました。晩御飯はなんとお兄さんが作ってくれました。レストランのキッチンで働いている事もあって凄く料理は美味しかった。そして、3人でおしゃべりをしてお酒も飲み楽しい時間はあっという間に過ぎ友達の部屋で寝ました。
エロチャット
ところが、寝場所が変わるとなかなか寝れない私。友達は隣で熟睡していたのでキッチンで水でも飲もうと部屋から出るとお兄さんの部屋から変な声が聞こえました。静かにその部屋を開けると下半身裸のお兄さんがオナ二ーをしていました。その姿を見て私も興奮してしまい相互オナニーみたいに私も手が自分のあそこに触れていました。それに気づいたのか、お兄さんは振り向き私の部屋へおいでと招き入れました。「こんなところ見られて恥ずかしいな。」と、言いながらパンツを履かないお兄さん。まるで私を誘っているみたいでした。そして私の前でまたいじりだすお兄さん。「相互オナニーして一緒に楽しまないか。」もう私もその気になっていたのでお兄さんと一緒に相互オナニーを楽しみました。初めてやるけれど、お兄さんの見ながらやっているせいか凄く感じることが出来ました。そして、お兄さんから実際にやると誘われました。答えはもちろん「はい。」
センズリ動画
ツーショットチャット