23歳専業主婦のセフレ日記

セフレとの出会いは、丁度3ヶ月くらい前の事でした。
24歳年上の主人との結婚生活は、正直、玉の輿に乗れて普通のご家庭よりも、セレブな生活をさせて貰って居ますが、
夫婦生活が全く満足出来なくて、精神的にも体も欲求不満で辛かったのです。

そんな時「セフレ」って言葉をインターネットで検索して居たら「セフレとの出会いのキッカケ」について書かれた体験談が有って、
読み進めて行くうちに「私もセフレ作ろうかな」って思ったんです。

でも「セフレ」ってそう簡単に見つけられないし、どうしたら「セフレ」を見つけられるのか、色んな人のブログを読んでいた所
「セフレの作り方」について詳しく書いて有る女性のブログを見つけて、私も実践できそうな所から、試してみたです。
「セフレの作り方」として、まずは出会いの場所を探す事から始めました。

いろいろ調べて一番参考になったのは、セフレ募集【せふれになりたい女子の出会い系講座】というサイトの27歳の女性が書いている体験談でした。

私のような専業主婦の場合、そもそも男性と知り合う機会が普通に、働いて居る主婦の方よりもぐっと少ない為、手始めに
インターネットの「セフレ募集の掲示板」に「秘密厳守で会えるセフレ募集しています。平日の昼間時間有ります。
性欲が少し強めなので、同じように性欲が強い方が希望です」とかなりストレートに書きましたが、1時間しないうちに
複数の男性からメッセージが来ました。

今回、気にしたのはやはり「セフレ」として割り切って付き合って行ける方が良かったので、彼女の居る方や、既婚者の方を
中心にメッセージの返信をしました。

メッセージを受けた中でルックスがとても気に入った男性が1人居て、2日後の日中にお会いする事にしました。
待ち合わせ場所に来た男性は、画像で見たとおりに私のタイプで、相手の男性も私の事を気に入ってくれたようで、
近くのファーストフードでお茶をしながら軽く話をして「もっと色んな話したいから、2人っきりになれるところに行こうよ」と言われ
そのまま近くのラブホテルに入りました。

ホテルに入り、お互いにシャワーを浴びて、缶チューハイを飲みながら話して居るうちに、彼が私の隣に座り、ゆっくりと唇を重ねて来たのです。
最初は、とてもソフトな感じでしたが、徐々に激しくピチャピチャと音を立てながら、濃厚なキスを重ねて、そのままベットに横になり
ゆっくりと私の全身にキスをしてくれたのです。

彼のキスは、とても甘くて優しくて、久しぶりに男性に体中を愛撫されて、私は自分から「お願い我慢出来ないから、入れて」とお願いして
いました。
既に大きくなっていた彼のアソコは、すんなりと私の中に入ってきて、少し腰を動かすとお腹の上で果てました。

1回イッテもすぐに元気になる彼のアソコは、とてもイヤラシイ色をしていて、その日は、合計で5回程、イッタと思います。
それ以来、彼とは多い時は週に1度のペースで、エッチをしています。

29歳独身女性専門職のセフレ日記

毎日仕事に明け暮れている私、男性から交際の申込みやナンパをされる事はあるのですが、べったりとした関係は嫌いですし、純粋なる男女交際ですと、会話なども面倒だと思い、仕事が終わって会ってセックスをするだけのセフレが欲しいと思いました。
現実で出会う人間をセフレとしますと、仕事に支障が出たり、対人関係が複雑になったりと面倒になるだけだと思いましたので、インターネットで気軽な関係を築けるセフレを求めました。

できれば20代の外見が良い男性が良いと欲を出しましたが、インターネットでセフレを募集し続けた結果、25歳の筋肉質の容姿の良い男性と知り合えました。
性的な傾向もとてもマッチしており、生活時間も合うために、お互いが仕事が終わった後や、仕事の最中の息抜きなどに短時間会い、セックスを楽しんでいます。

家が近いのでホテルに行かずともどちらかの家でセックスをするために、お金が浮きますし、食事を一緒に食べたり、遊んだりする必要も無いためにとても効率的な関係が保てていると感じています。
セックスはSMプレイや、野外プレイや、おもちゃプレイなど一通りしていますがお互い性に貪欲なためにこれから更に新しい扉が開けるかと思っています。